リフォーム・古民家再生について

断熱リフォームで一年を通して快適を、耐震リフォームで安心をご提供致します。

断熱リフォームのメリット

  • ヒートショック予防
  • 光熱費削減
  • 一年を通して快適

耐震リフォームのメリット

  • 安全性の向上
  • 資産価値の向上
  • 一年を通して快適

断熱リフォーム

断熱の基準は1999年に「省エネルギー基準」が採用されています。
時代とともに生きてきた思い入れのある住宅も、以前までの断熱基準で建てられていればリフォームされる事をお勧めします。
夏はエアコンの効きが悪く暑苦しい日々を過ごしていた、また、冬は暖房が効かず寒かったり結露がひどい場合等は、断熱リフォームをする事により今まで余分に使ったいた水道光熱費を削減する事ができます。そして、夏は涼しく、冬は暖かい、快適な生活を送る事が可能になります。
特に、断熱基準を満たしていない住宅で過ごす真冬はとても寒いかと思います。
寒い冬に衣服を脱ぎ、冷え切ったお風呂場に入ると、お年を召された方はヒートショックと言う症状が出やすくなります。
ヒートショックは脱衣所や浴室内とお風呂のお湯、これらの激しい温度差から体に大きく負担がかかり起こってしまいます。ヒートショックになりにくくするためには、脱衣所や浴室内の温度を暖かくする必要があります。

せっかくエアコンや暖房で快適になった空気が外気の影響を受けて元に戻ってしまっては勿体無いですので、外気に接する天井(場合によっては屋根)や床、壁等に断熱材を入れ、窓にも断熱工事を施します。
断熱リフォームをすることにより、光熱費を削減するだけではなく、ヒートショックから大切なご家族の命を守れる可能性も高くなります。

耐震リフォーム

壁を筋交いで補強した体力壁、これは大地震の時に大切な建物を守ってくれる役割を持っています。
ただし、耐震強度を保つためには建物全体に偏りなく設置しなければなりません。
耐震リフォームをする前に、まずは筋交いの有無等を調べるために天井裏や床下に入って精密に調べます。2000年に改正された新耐震基準に満たしていない場合は、リフォームされる事をお勧め致します。
耐震強度には、耐力壁の他に、建物の基礎や土台・柱が大きく関係しています。

解体を進めていくと腐っている土台や柱を目にする事が多々あります。これらが腐っていると地震が起きた場合に建物全体を支える事が出来ず崩れてしまいます。
リフォーム時に腐っている木材を補強し、加えて筋交い・耐力壁を配置します。これらの施工で耐震強度を上げる事によって安心してお過ごし頂けるようになります。
なお、窓などの開口部があると耐力壁として施工する事はできません。
また、間仕切りが障子や襖の場合は耐力壁が足りていない場合がございます。その場合は間取りの見直しも必要に応じて行います。

リフォーム(リノベーション)・新築はお任せ下さい

リフォームやリノベーション、新築の施工に関してのご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせ下さい。
山下建築工房ではお客様の立場になって考え、お客様と一緒に一生物の住宅(宝物)をお作りしていきたいと考えています。
古くなったからただリフォームする、傷んできたからとりあえず修復するだけではなく、リフォームや修復をした後もずっと宝物として大切にして頂けるような家造りをしていきます。